介護士の恋愛の悩み

これは、私自身が体験したことですが、周りの人達も同じ悩みを抱いているようです。一口に介護職といっても、種類は様々です。
中でも私の職場は、早番・遅番・夜勤のある非常に不規則な勤務携帯の施設でした。そのため、一般企業の人達とはなかなか時間が合わず、まず出会いがありません。
また、運良く出会いがあったとして、恋人が出来たとしても、よほど介護職という仕事に理解がある人ではないと、簡単にすれ違いが起きてしまいます。
不規則な勤務な上、介護職は人気がなく人手が足りないのが現状なので、残業なども当たり前なところがあります。更には、意外と体力仕事のため疲れが半端なく、休む時は休みたいのも現状です。
そんな仕事内容を理解してもらえないと、『何故会えないのか?』『何故休めないのか?』と喧嘩になります。かといって、同業者と付き合うとなると、それこそ運悪く勤務がズレると全く会う時間もなくなります。その上、同じ職場ともなると、付き合ってるのがバレると勤務も組みづらくなり嫌がられる傾向があります。どのように恋愛をしようと思っても、なかなか上手くいかない職業だと思います。
本当に理解ある人を見つけるか、割りきって職場恋愛するかの2択になりがちのため、そこが介護職としての悩みです。

看護師は大変なお仕事・・彼氏もできるはずない・・

看護師の女性が恋愛するときに悩みの種としてよくあげられるのが気持ちの部分です。どういうことかと言いますと、看護師というのは実はかなりのストレスがたまる仕事なのです。

まずは常に患者さんを相手にしていることにより、毎日のようにいろんなことを言われます。わがままな患者さんや自分勝手、言うことを聞かない人などを怒らずに相手にする毎日です。考えただけでもストレスをためるのは解りますよね。

さらに最近では男性の看護師も増えてきていますが、それでもまだ女性が活躍する職業ということで、女同士のしがらみなどもあり、なおさらストレスになるのです。

このように多大なるストレスを受けながら仕事をしていますので、普段は解消のために性格がキツくなってしまうこともあるのです。ちょっとしたことで怒ってしまったりイライラした姿を見せてしまったりと。悪いことだと解っていてもなかなか治せないのですね。

それが男性に伝わってしまい、変なイメージを植え付けてしまうのです。男性からしたら、そんな簡単にイライラしてしまう彼女なんか作りたくないですしね。このようにして、出会いがあったとしてもそれ以上の関係になるチャンスを逃してしまうことになるのです。看護師(ナース)の出会いの場は色々あると思いますが、ここで3つおすすめの場所を紹介します。

看護師の出会いの場はここやろ!

・アルバイト
アルバイトは自分と年齢が近かったり、年上・年下などのように年齢の幅が広いためいろんな年代の方とであうことができます。初めて仕事をするため仕事の内容を教えてもらったり、わからないことを聞いていたり、大変なことを共有する中で距離が近くなったり、何気ない日常のことなど自然と会話がうまれてきます。また、勇気がなかなか出にくい人でも、会う約束をしなくてもシフトが一緒であれば自然と会うことができます。アルバイトの仕事以外に、アルバイト先の飲み会では、仕事以外の話がしやすかったり、お酒が入ることで気分がよくなるので普段より楽しく会話ができます。その中で共通点が見つかったり、惹かれるものがみつかります。しかし、アルバイト先によって男女比が偏っているところもあります。

・同窓会
地方にみんなバラバラになり普段集まることが難しいなか、同窓会はみんなが予定を合わしやすく久しぶりにみんなに会うことができます。学生時代とはみんな成長しているため見た目も変わり少し新しい気持ちがあるが、同じ時間を共に過ごした友達に久しぶりに会、学生時代の楽しかったこと、辛かったことなど様々な思い出話があふれ出るようにお互いで共有できます。その中で、昔の思いがよみがえってきたり、秘めていた思いがでてきたりします。また、今の環境について話したりすることで新しい共通点が発見できたりします。お酒も入るので緊張もほぐれて自然と会話が弾みます。再開できたことで知らなかった連絡先をきくことができ、今後にもつながります。様々な思いがうまれる同窓会では出会いがたくさんあります。

・フェス
周りにフェスに行くような友達・知り合いがいないため、一人でフェスに参戦する方がいます。一人でフェスに参戦するのは寂しいものです。そのため、そのような方々は、TwitterなどのSNS で同じフェスに参戦する方を探しています。見ず知らずの方に会うため、怖いなと思うこともあると思います。しかし、会って同じフェスに行き、騒いで、踊ってなどして一日過ごすことで、楽しい時間をお互いに共通するため距離が縮まります。また、余ったチケットを現地で譲り受けそのあと一緒に同じフェスを楽しむこともあります。他にも現地で意気投合することもあります。今回が楽しければ次回も一緒に行こうと約束も立てやすいです。様々な出会い方があるのがフェスです。同じ趣味を共有できるので恋人が作りやすいです。

恋人を積極的に作れない大学生が多い理由

大学生と言うと年齢的に、恋人を作りたい、彼女が彼氏が欲しいと思う年頃です。それは青年期と呼ばれる誰が見ても初々しくて、モテ期にあたる時期だからでしょう。大人になるには早いですし、子供でもない時期であり、子供と大人の間に居る時期だから自分に自信が無く何事にも迷いが生じるのです。

青年期に社会人ならば、別でしょうが、大学生ともなると、次の進路、就職が不安な面があるので、先が解らないのに、恋人を作っても責任が取れないとまず第一に考えるのです。恋人は初めから短期間の遊びの付き合いなんて決めてから恋に落ちる人はいないでしょう。先がどうなるか解らないけど好きだから付き合おうとなるのですが、大学生は学費や、生活費を親にお金を出して貰っている人も多くいますから、考えは大人なのに、社会的に自立できていないのに、将来を見通せないと考えるのです。

そんな感覚が先走り自分自身で、躊躇してしまい、恋人を作る事に積極的に行動出来ないのでしょう。そして勉強をしている最中で、まだコツコツ地道な努力をして自分の身柄を作っている最中なので、恋にうつつを抜かす事も無いのです。自分の事に必死な訳ですから相手を思いやる恋人関係は成立しにくいと言えるのです。

様々なサービスを展開!ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは様々なサービスを利用できる婚活サイトです。中でも特徴的なのは価値観診断とデートの調整代行サービスです。価値観診断は、18の質問からご自身の価値観を割り出すことができ、お相手との相性も診断できるので、マッチングに役立ちます。また、初めて会う際の待ち合わせをスムーズに行うため、お見合いコンシェルジュが日程と場所を調整します。個人の連絡先がお相手に知られないので、必要以上に個人情報が漏えいせず、安心してデートに臨むことが出来ます。会員登録は無料で、メールアドレスまたはFacebookを利用します。

 
まずはお相手を探します。希望の条件で絞り込むこともできますし、無料の価値観診断を受ければ、ご自身の価値観にマッチングした相性のいい会員の方を紹介する価値観マッチによるご紹介もあります(1日4人)。興味のある方を見つけたら「いいね!」を送ります。お相手からも「いいね!」が返ってきたら、メッセージのやり取りができるようになります。

 

安全面での取り組みは徹底されています。まず、匿名表示のため、実名が表示されることはありません。これにより、不特定多数に実名を知られる心配はありません。また、メッセージをやり取りする前に行われる有料会員登録の際には、本人確認書類の提出を義務付けているため、身元が保証されます。偽装・なりすましの心配もありません。もちろん提出された個人情報は厳重に管理されています。さらに安心して利用ができるよう、24時間体制でパトロールを行っています。

どんな結婚相談所を選ぶべきか?

私は実際に結婚相談所を利用したことのあります。私が多くの結婚相談所を選ぶ時に重要視したことは先ずは大手の結婚相談所にターゲットを絞りました。大手だとかなりの人数の人たちが結婚相談所に登録しています。小さな結婚相談所だとやはり登録人数も少ないのが現状です。

 

数が多い分成婚率もぐんと上がります。そして大手の結婚相談所は登録料が高めです。ここがみそですが、高くお金を払う分真剣に結婚を考えている方が多いのです。また、大手にはきちんとした、サポートしてくれるコーディネーターがいますので二人三脚で婚活に取り組めます。こーでねーたーの方は自分の息子、娘のように親身になって婚活のサポートをしてくれますので、少し高い登録料を払ってもそれだけ、自分にピッタリの女性を一緒に探してくれますので非常に心強いです。

 

後は大手の結婚相談所は婚活パーティーやあらゆる企画を定期的に行っていますので、そのような催しを利用して、なおいっそう成婚の確率を上げるのも選択肢の一つだと考えます。小さな結婚相談所は経営で精一杯で当落人数も少なく失敗する確率が上がります。私は数多くの大手の少し価格は高くても良いご縁があるように大手の結婚相談所を選ぶべきだと考えています。

前妻の悪口を言わない男性は、再婚できる

最近は離婚を経験した人は男女問わず多いですが、そんな中でも結婚を考えることのできるバツイチの男性は、「かつての結婚相手の悪口を言わない人」です。人間というのは弱いもので、かつての結婚が離婚という結果に終わったとなると、つい「破たんの原因は自分ではなく、相手にあったのだ」と考えたくなりますし、また実際そのように周囲に触れ回る人がいます。

 
人間心理としてわからないではありませんが、見ている方として少しみっともない感じがします。それに、あまりに元結婚相手の悪口を言われてしまうと「この人、こんなだから元奥さんとうまくいかなかったんじゃ・・・」と逆に勘繰られてしまいます。そのくらい人の悪口をいうという行為は、言っている人の印象を下げるリスキーな行為だと思うのです。

 
そこへいくと、元の奥さんの悪口を一切言わず、ただ「自分が至らなくて」などというにとどめておく男性は、立派だし素敵だと思います。結婚生活の間、何があったのか他人には知る由もありません。もしかしたら元奥さんの方に破たんの責任の大部分がある場合もあるかもしれません。しかし、どんなことにでも責任の一端は確実に自分にあるということを認められるのが大人であり、それを真摯に受け止めることができる人は立派だと思います。そういう男性は誠実な印象を与えますし、人間として信頼できると思います。

婚活パーティーに参加して、さっさと結婚しましょう!

早く結婚したい30代にお勧めの出会いの場はやはり婚活パーティーでしょう。しかし狙い目は年上を狙うことです。30代後半から40代の婚活パーティーに参加することをお勧めします。この年代になりますとかなり年齢的なこともあって結婚を急いでいます。

 

中には年下を狙っている又は歳は関係ないと思っている人がたくさん、婚活パーティーに集まっています。高齢の婚活パーティーになればなるほど結婚までの時間がかなり短縮されると思います。年上は年下に対して思いやりがあり、優しくて誠実に対応してくれる人も多くいますので、ご縁があればとても相性の良い意中の人が見つかるのが間違いないと思います。

 

中には年上は嫌だと思う方もいらっしゃると思いますが結婚を早くしたいのであれば1度でいいので割と高齢が集まる婚活パーティーが良いと思います。年上でも容姿的には若く見える人もいますし、性格的にも若い人若い人若い人とフィーリングが合う人が沢山いますので、ちょくちょく恒例中心の婚活パーティーに参加するのです。

 

若いあなたは年上から見ると可愛い存在であり、母性本能、父性本能をくすぐられる存在であるのです。成功を信じて真剣にパーティーに参加することが必須です。

バーへ行って出会いを探そう!

職場で出会いがない、仕事が忙しくて出会いがない、そんな人にはおすすめしたい出会いの場はバーです!
お酒が強い弱い関係なく、お酒が好きなら1杯でも飲みに行く価値はあると思います。バーでは、バーテンさんと話したり、バーテンさんをとおしてお客さんと仲良くなることが多々あります。

 
聞いた話ですが、バーテンさんとしてもお客さん同士が仲良くなってくれることは嬉しかったりラクだったりもすると聞きました。ちゃんとしたお店であれば、変な相手とは引き合わせたりしませんので安心もできます。恋愛関係でなくとも、友人関係を築くこともできます。

 

 

まだバーに行ったことのない人、馴染みのない人は、最初は目上の人や友人同士で行き、何回かお店に通って1人でも大丈夫そうだと思えば1人で行くのが良いと思います。最初から1人だとハードルも上がってしまいます。ただ、誰かと引き合わせてもらうには1人のほうが良いので慣れたら是非1人で行ってください。

 
案外1人で飲みに行く人も多いので、出会いは必ずあります。本気で相手を探すなら、バーデンさんやマスターに「恋人募集中なので、良い人いたら教えてください」と言っておけば、きっと覚えておいてくれるのでチャンスはあります。

婚活を始めたばかりだからこそ、色々と試してみよう!

婚活初心者の方にオススメな婚活方法は、まず自分の向き不向きをみつけるためにも、いくつかの方法を試すことが必要だと思います。

 
まずは結婚相談所です。大手で登録人数が大きいところをオススメします。なぜなら、フォロー体制が万全なことと登録数が多いことで出会える確率が上がるためです。また、20代のうちに登録することで、かなり割引になるところもありますので金額的に問題がなく真剣に、取り組みたいと思っているならば、積極的に活用すべきだと考えます。

 
次に婚活サイトです。これも運営している会社がたくさんあるので、ネットの評判や口コミ等も参考にし、それぞれのサイトの強みや特徴を把握するところからはじめ、2つか3つのサイトには登録して活動するよう心がけて下さい。

 
更に余力があるようでしたら、婚活パーティーに行ってみることも経験の一つだと思います。結婚相談所のように紙面や写真で見ることからや、婚活サイトのようにネットでプロフィールをみるところからの、始まりだけではなく初めから直に対面するということは得られる情報が多いです。また、自分の経験値も上がりますし、コミュニケーション能力も上がります。

 
どの婚活も慣れるまでは時間がかかり疲れるものだと思いますが、徐々に自分に向いているものが選別出来てくると思うのでそれまで根気強く活動することがキーになると思います。

婚活パーティーは奥手な人ほど利用すべき

婚活パーティーというと賑やかなイメージがあり、社交好きでない人は向いていない感じがありますが、私は奥手な人ほど利用した方がいいと思います。私は経験したことがありませんが、婚活パーティーにもいろいろな種類があり、順番に誰かと話すスタイルになっているところもあるのだとか。

 
奥手な人は、自分から誰かに声をかけたり、話を弾ませたりということが苦手なことが多いと思いますが、そういう人こそこのスタイルなら無難にこなせると思うのです。自分から積極的に行くのは苦手でも、話自体は面白い人というのは結構いるものです。いざ話が始まってしまえば、自分の魅力を真摯に相手に伝えることもでき、相手とのお付き合いに発展する可能性も十分あると思います。

 
いまの世の中、結婚していない男女が本当に多いですが、そのほとんどが「人間としては魅力的だが、異性との出会いに積極的になれない・またその機会がない」人だと思います。機会さえあれば結婚できるのに、ただこれまでその機会が巡ってこなかっただけというケースが非常に多いと思います。

 
結婚したいなら積極的に出会いを求めるべし、などとよく言いますが、世の中そうそうアグレッシブに出会いを求める気概のある人はいません。ですからそうでない普通の人、特別社交的でもなく、どちらかというと奥手な人ほど、婚活パーティーを利用するべきだと思います。