恋人を積極的に作れない大学生が多い理由

大学生と言うと年齢的に、恋人を作りたい、彼女が彼氏が欲しいと思う年頃です。それは青年期と呼ばれる誰が見ても初々しくて、モテ期にあたる時期だからでしょう。大人になるには早いですし、子供でもない時期であり、子供と大人の間に居る時期だから自分に自信が無く何事にも迷いが生じるのです。

青年期に社会人ならば、別でしょうが、大学生ともなると、次の進路、就職が不安な面があるので、先が解らないのに、恋人を作っても責任が取れないとまず第一に考えるのです。恋人は初めから短期間の遊びの付き合いなんて決めてから恋に落ちる人はいないでしょう。先がどうなるか解らないけど好きだから付き合おうとなるのですが、大学生は学費や、生活費を親にお金を出して貰っている人も多くいますから、考えは大人なのに、社会的に自立できていないのに、将来を見通せないと考えるのです。

そんな感覚が先走り自分自身で、躊躇してしまい、恋人を作る事に積極的に行動出来ないのでしょう。そして勉強をしている最中で、まだコツコツ地道な努力をして自分の身柄を作っている最中なので、恋にうつつを抜かす事も無いのです。自分の事に必死な訳ですから相手を思いやる恋人関係は成立しにくいと言えるのです。